2016/5/27 20:03:29

飼いやすさではトップクラス!とっても性格が良いマルチーズ

    1.マルチーズの事を知ろう!

    優秀な家庭犬だけど?

     マルチーズといえばまさに室内犬として最適な犬種とされている為、何十年も前から愛されてきています。
    マルチーズはしつけが入りやすく、大人しく、なんでもできるお利口さんと言わんばかりに愛玩犬として推奨されておりますが、その割には「しつけがうまくいかない!」といった内容のお悩みを度々耳にします。

    実際、マルチーズはしつけが入りにくいのかといえばそういうわけではありません。どちらかといえばしつけが入りやすい犬種の部類です。

    性格も非常に良い子ばかりですので、初めて犬を飼う人に対して胸をはってお勧め出来るほど飼いやすい優秀な家庭犬です。

    photo by kitty.green66

    マルチーズは性格が良い!

     マルチーズは以下のような性格であると言われております。

    ・明るい
     ・飼い主さんに対して愛情深い

     ・温厚であり、おおらかである

    ・利口で従順

    どれをとっても良い事ばかりしかなく、メリットしかないように思えます。
    性格面での欠点をあげるとしたら、個体にもよりますが恐れ知らずで勇敢、言い方を変えれば気が強い子がまれにいます。

    ですが、上記の項目の最後のあるように根本的にマルチーズは利口で飼い主さんに非常に従順です。利口で従順ならば、飼い主さんの言う事はすべて聞いて当たり前であり、問題行動も起こすはずなどありません。
    では、なぜしつけが入らない、と頭を抱える人が多いのでしょうか?

    性格の良さゆえに・・・

     ペットショップやブリーダー、入手先はそれぞれ異なるでしょうが「非常に賢く、優秀な子ばかりです」と言われて購入に至る方が多いでしょう。
    ですが、そこが落とし穴と言ってもいいです。

    賢く、優秀、性格が良い、という事は事実なのですが、仔犬の頃はどんな子も学習していないまっさらな状態の子です。
    優秀であるという言葉をやたらと鵜呑みにして、しつけをしなかったりすると問題行動を起こす子になってしまうのです。また、しつけ云々もそうなのですが、性格形成も飼い主さんの接し方で変わってきます。

    元々のマルチーズの優秀な愛玩犬としての性格をつぶさないよう、飼い主さんは気を付けて接するようにしましょう。

    photo by Denise Clarke

    2.理想の飼い主像とは

    とっても甘えん坊なマルチーズ

     信頼関係を築いている事を前提として言う事ですが、マルチーズは飼い主さんの事が大好きで、大変甘え上手な子が多いです。抱っこされたり撫でられたりする事を好む為、要求される事もしばしばあるでしょう。

    しかし、利口である為、甘やかすとすぐに主従関係が逆転し、問題行動が多発するというふうに言われている事が度々ありますが、それはある意味正しくもあり間違いであるとも言えます。

    良い事をしたら褒める、悪い事をしたら叱る。普段の接し方にメリハリをつけ、基本的な事さえ守れば問題行動に発展する事はあまりないでしょう。
    ただ、なんでもかんでも甘やかす、まったく叱らないような接し方は問題行動を助長させる行為ですので要注意です。

    こんな飼い主さんと相性がいい!

     これまで書いてきた通り、非常に飼い主さんが好きな犬種であるとうかがえます。なるべく飼い主さん自身が時間を作って一緒にいる時間を作る事が出来る方がお勧めです。
    一人暮らしをしている方や、あまり外に遊びに行く事がないという飼い主さんですと、時間も作りやすいので良いですね。

    マルチーズは感受性豊かな子が多い為、あまり放置する事が多い方には向いてないと言えます。飼い主さんに相手にされないとすぐにストレスを貯めてしまうのです。

    また、マルチーズは小型犬ですのでマンションでも問題なく飼育できるかと思われます(ペット可を前提)。お出かけの際も、小さくて小回りがきくので色々なところへ連れていくと良いでしょう。

    photo by Rich Moffitt

    実はこんな人が苦手・・・

     初心者向けの家庭犬として紹介しましたが、実は、マルチーズを飼うのに適さないタイプがあるのです。
    それは【子供】です。子供が直接飼い主さんとしてなる事はないですが、ご家庭にいらっしゃる場合は要注意です。
    子供は加減を知らず、また、マルチーズのように小さい犬種ですとしつこく遊んだり、いたずらをしたりと何かと際限なく構いがちです。

    どんなに温厚なマルチーズでも、しつこくされると嫌がります。最悪の場合、牙を向けてしまう恐れがありますので、子供がいる場合はしつこくしないよう適度に遊ぶように教えてあげましょう。

    photo by tiarescott

    先入観にとらわれないで

     これまで書いたマルチーズの性格ですが、それはあくまでも一般的な例として言えるものであるため、そうであるとは断言できません。
    飼い主さんの接し方次第で、その子の性格が変わる事は充分にあるのです。
    例としてあげますと

    仔犬の頃ひとりでいる機会が多かった

    不安定な性格になり、分離不安という精神面で問題が生じる

    過度の甘やかし

    様々な問題行動の他、甘やかしでも分離不安は生じる

    早すぎる厳しいしつけ訓練

    常に人の機嫌を伺い、本来の性質を損なう

    体罰を使ったしつけ訓練が多かった

    自分で人に近寄ろうとしない。力のある者の言う事を聞く

    以上のように、どれもマルチーズ本来の性格の良さをすべて失うものばかりです。マルチーズの本来の性格をそのまま生かし、いつまでも良い子でいさせる為には充分に接し方に気を付けるようにしましょう。

子犬を探す


お役立ちコンテンツ

子犬を探す

閉じる

毛色
地域
地域選択する
価格
性別
生後
販売
状況
動画

保存した検索条件(子犬)

保存している検索条件はありません

ブリーダーを探す

閉じる

地域
地域を選択する

メインメニュー

閉じる